PSQ CONCEPT日本製品の品質の良さは"日本人の誇り"であり、また世界中で広く認知されています。
その反面、メーカーは、様々な訴えに対し原因究明と品質証明に多くの時間と費用を費やさなければならないというリスクをかかえています。
また、グローバル化が進むなか、「見える化」が重視され、どの品質基準に従い、どのように製品化し、誰が品質を確認したのかを説明する義務がメーカーに求められています。そこでビジネスの競争力強化の観点からも、規格に準じた標準化、品質の見える化、品質説明力強化が必須条件となってきています。

こうした社会的要求に応じるため、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、2013年6月に「パッケージソフトウェア品質(PSQ)認証制度」をスタートいたしました。
そして、ISO/IEC25051の改定に伴い、認証範囲がクラウド提供製品まで拡大したことで、名称も「PSQ認証制度」と改めました。
ソフトウェア利用者、開発者双方にメリットを提供する認証制度を、是非ご活用ください。

TOPへ

About PSQ

PSQ認定制度とは

PSQ 認証制度は、ソフトウェア製品の説明資料とソフトウェアの機能が一致していることを 確認・認証する、国際規格に準拠した認証プログラムです。そのために「製品説明(カタ ログなど)*」と「利用者用文書類(マニュアルなど)**」と、それに伴って試験を実施している かを「試験文書類」によって確認し評価します。認証を受けた製品には、認証書発行と認証 ロゴマークの利用許諾が与えられます。

■名称:PSQ認証制度
■認証機関:一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
■製品の対象:パッケージソフトウェアおよびクラウド提供製品
■評価内容:製品説明*、利用者用文書類**に記載されている内容がソフトウェア
 の機能と一致していることを確認できること
■評価基準:ISO/IEC25051に準拠

*製品説明とは、カタログや Web ページなど利用者が簡単に入手可能で同一箇所に製品の特長、主な機能、動作環境要件、外部要求などの情報が集約しているものをさします。

**利用者文書類とは、インストールマニュアル、操作マニュアル、運用マニュアルなどのマニュアル一式をさします。

認証のしくみ 図
認証のしくみ 解説

ソフトウェア製品の品質を定めた国際規格であるISO/IEC 25051をもとに、独立行政法人情報 処理推進機構(IPA)と CSAJ が審査基準を策定し、それに 沿った評価基準を設定いたしました。 ISO/IEC25051では、既製ソフトウェア(パッケージソフトウェア製品およびクラウド提供製品)に対して以下の事項が規定されています。
 1 製品説明に対する要求事項
 2 利用者用文書類に対する要求事項
 3 ソフトウェアに対する品質要求事項
 4 試験文書類への要求事項
 5 適合性評価のための指示

ポイントとしては、以下の通りです。
 1 製品説明、利用者用文書類に記述されている内容とソフトウェア機能が一致していること
 2 ソフトウェアの機能、性能が試験文書類で証明されていること
 3 第三者が適合性評価をする場合の手順

評価基準

製品説明
  • 入手/参照のしやすさ、利用のしやすさ利用者の要求にソフトウェアが適合しているか
  • 判断できる情報を含んでいるか
  • 製品の特徴、機能、性能、制約などの情報が明確かつ正確に記載されているか
利用者用文書
  • 利用する上で必要な情報が正しく記載されているか
  • 製品カタログなどの製品説明と矛盾や不一致がないか
  • 想定している利用者にとって理解しやすいか
試験文書
  • 製品説明や利用者用文書類に記載されている製品の機能が正しく実装されていることが、試験によって確認されているか
  • 製品の性能や使いやすさなどが、試験によって確認されているか
  • 試験を実施した結果や合否判定が 具体的で明確に記載されているか
TOPへ

Target Product

対象製品
PSQ認証制度では、業務用パッケージソフトウェア、クラウド環境(PaaS/SaaS)を通じて提供されるアプリケーションや、モバイル向けアプリケーション、フリーウェアが評価・認証の対象となります。

業務用の例として、以下のようなソフトウェアカテゴリを対象としています。


サーバ系/統合業務系/オフィス系/コラボレーション系/開発支援・言語系/個別業務系/特定分野/ネットワーク系/デザイン・グラフィックス系

■認証対象外ソフトウェア製品
以下のようなソフトウェア製品は対象外となります。
処理結果が、利用企業以外に影響を及ぼすソフトウェア/処理結果が、生命に影響を及ぼすソフトウェア/技術性及び経済的な価値を欠いている単純な機能のソフトウェア/独自の環境でのみ運用される汎用性のないソフトウェア/ゲーム産業振興を妨げる賭博性のあるソフトウェア/健全な企業活動を妨害する有害なソフトウェア/他の知的財産権を侵害しているソフトウェア/影響度合いが予想できないソフトウェア

TOPへ

Features and Benefits

特徴・メリット

PSQ 認証は、利用者が安心してソフトウェアを購入・利用できる環境を提供するだけでなく、
ソフトウェアベンダーの競争力強化、グローバル・マーケットにおける日本のソフトウェア産業の競争力強化もめざしています。

画像

カタログなどの製品説明、マニュアルなどの利用者用文書類とソフトウェア機能の整合性を認証しますので、専門知識の少ない利用者も、製品購入時にカタログを読むことで、カタログに記載された製品優位性を信頼でき、安心して製品を購入することができます。

国際規格 ISO/IEC 25051 に準拠した認証プログラムで認証を受けた製品は、国際市場における品質の証明、競争力の強化につながります。特に新成長分野や国際社会での利用と購入が増加し、国際優位性の確保につながると期待できます。
今後は、同様の認証制度を運用している他国との間で、国際相互承認を進める予定です。

PSQ 認証により"品質の見える化"を実現した製品が市場に出回ることにより、この製品と競争する様々な製品の"品質の見える化"への動きを触発でき、市場全体の品質向上と活性化が期待できます。

画像

TOPへ
画像画像

Certification Method

認証取得方法
CSAJのホームページに申請者の為の詳細の資料が掲載されていますので、ご参照ください。

パッケージソフトウェア品質認証制度